【M BIZ】南三陸ビジネスサポート

【全体戦略】 ネット強化する為の組織体制(ミーティング事例)

みなさま、こんばんは♪
本日は「ネット強化」するにあたり、組織体制について書きますね。

今回は、私が実際にサポートしているクライアント様での、
ミーティング内容を少し紹介しながら説明致します。

初回のミーティングでは、

1、テーマの確認 ⇒ 何のためにネット強化するのか?具体的に。
2、組織の体制  ⇒ ネットチームはどの様に動くのか?
3、M・Bizの業務⇒ 渡邊は、どの様に動くのか?
4、数値指標について⇒ 目標数値・チェックする数値
5、その他気になる事

以上の5項目について、ミーティング開催します。

ネット強化にあたり、最も重要なのは「組織体制」


ネット組織体制について_南三陸ビジネスサポート以上の様に、ザックリではありますが、
どの様に担当が分けられるか、統括する人物は誰なのか、
どの業務内容があって、誰がメインで業務担当するか、など
様々な事を決めていきます。

それによって、経営者から、
担当者まで、それぞれの業務内容を共有する事が出来ます。

M・Biz(私)の業務内容について

クライアント様によっても形態は変わりますが、
南三陸ビジネスサポート側の業務については、

◆ネット戦略ミーティング(月1時間×1~2回) ※クライアント様とその都度協議
◆ネット遠隔操作   (月 10時間程度)   ※データ収集・その他必要な業務
◆ネットレクチャー (月1時間 ×1~2回)  ※担当者に操作方法や、ノウハウ教育

※月間2日~4日は、訪問する予定となります。
(訪問日は、その都度クライアント様と協議致します。)

以上の様な内容になります。
基本的に、担当者を育てる・チームを育てる
という部分に重点を置いてますので、
毎週訪問して手取り足取り!というよりは、
毎週宿題を担当者に提供し、渡邊がチェックしながら、
【 担当者のネットスキルを磨く 】

というスタンスで動いてます。

数値指標のチェックは戦略に必須です

データ集計は、担当者レベルだとそれ程気にならないかも知れませんが、
経営者サイドは、データが大切な指標になります。

毎日担当者の様子を見るような時間も無いですし、
ネット担当者の勤務態度の他に、ネット実績を見て、
評価基準を設けている企業さまもいらっしゃるので、
ネットのデータ集計は戦略にも、担当者の身を守るのにも大切です(笑)

私がじゃらんで学び、旅館の現場で実践して、
最低、この位は集計した方が良いな。
と思った指標を紹介しますね。

◆売上
◆客単価
◆部屋単価
◆PV数(ページビュー数)
◆成約率
◆消化部屋数
◆稼働率(ネットだけでも良い)
◆ネットシェア率
◆出来ればRevPAR

※全て昨年と比べれる様に、昨年のデータも集計する。

以上の項目は、
毎月・決まった曜日に集計しておくと良いですよ♪

これらの指標の内、
どの指標をチェックして、
目標の指標はどの値に設定するか?
を、ミーティングで決めて、全員で共有出来れば良いですね♪

何かあれば、お気軽にご相談下さいませ~♪

トップ画像_ネット担当者育成プラン_ワインバージョン

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top